2009年03月 子供の絵本、良書の世界
TOP:子供の絵本、良書の世界
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おにたのぼうし
おにのこのさみしいきもちと物悲しいけれどもあたたかい
この絵本のストーリーといわさきちひろさんの絵がぴったりあった
絵本です。
人の気持ちがわかるようになったら節分に読ませたい絵本です。


おにたのぼうしおにたのぼうし
1050円(税込)
おはなし名作絵本 著者:あまんきみこ/岩崎ちひろ出版社:ポプラ社サイズ:絵本ページ数:1冊発行年月:1982年11月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 絵本・児童書・図鑑> 絵本> 絵本(日本)
さらに詳しい情報はコチラ≫

ティモシーとサラのピクニック
会話でストーリーが進む絵本なのでその場の情景が描きやすく
子供が自分のことのように感じるようです。
読んでいる私自身も、「よくわかる~ティモシーとサラのママの気持ち。」と
思いました。

子供はこの絵本の独特の雰囲気の絵も好きなようです。


ティモシーとサラのピクニックティモシーとサラのピクニック
1260円(税込)
えほんとなかよし 著者:芭蕉みどり出版社:ポプラ社サイズ:絵本ページ数:31p発行年月:1993年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)きょうはみんなでピクニック。おとうさんがおいしいサンドイッチをつくってくれて、さあ、でかけましょう。おかあさんがみつけておいたすてきなばしょへいそぎます。みんなでおひるのよういをしたら…。まあ、あめがぽつん。どうしましょう。この商品の関連ジャンルです。 ・本> 絵本・児童書・図鑑> 絵本> 絵本(日本)
さらに詳しい情報はコチラ≫

チムとゆうかんなせんちょうさん新版
ピーターパンを読んでから、海賊船の世界にあこがれるようになった
長男、いまこのシリーズにはまっています。

チムとゆうかんなせんちょうさん新版チムとゆうかんなせんちょうさん新版
1365円(税込)
チムシリーズ1世界傑作絵本シリーズ 著者:エドワード・アーディゾーニ/瀬田貞二出版社:福音館書店サイズ:絵本ページ数:47p発行年月:2001年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「やあ、ぼうず、こっちへこい。なくんじゃない。いさましくしろよ。わしたちは、うみのもくずときえるんじゃ。なみだなんかはやくにたたんぞ」世代をこえて子ども達を魅了してきた、幼年海洋文学の古典。巨匠アーディゾーニ生誕100年を記念し、本国イギリスで新版にて刊行されたシリーズの第1巻。読んであげるなら5才から。自分で読むなら小学校初級から。【著者情報】(「BOOK」データベースより)アーディゾーニ,エドワード(Ardizzone,Edward)1900~1979。ベトナムに生まれる。父はイタリア系フランス人、母はイギリス人。5歳からイギリスで暮らす。27歳で職業画家として独立。5歳の長男のために描いた『チムとゆうかんなせんちょうさん』が好評を博し、シリーズの始まりとなる。第二次世界大戦中は従軍画家。戦後チム・シリーズを再開し、最後の巻を77歳で発表した。1956年ケイト・グリーナウェイ賞受賞。挿し絵の仕事にファージョン『ムギと王さま』(岩波書店)などがある。生涯で170冊以上の作品を残したせたていじ(セタテイジ)瀬田貞二。1916~1979。東京に生まれる。東京帝国大学で国文学を専攻。創作絵本に『きょうはなんのひ』、翻訳絵本に『三びきのやぎのがらがらどん』『おおかみと七ひきのこやぎ』(以上福音館書店)、児童文学の翻訳に『ナルニア国ものがたり』『ホビットの冒険』(以上岩波書店)、評論に『落穂ひろい(上)・(下)』『絵本論』(以上福音館書店)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 絵本・児童書・図鑑> 絵本> 絵本(外国)
さらに詳しい情報はコチラ≫

| HOME:子供の絵本、良書の世界 |
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Sponserd Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。