くだもの 子供の絵本、良書の世界
TOP:子供の絵本、良書の世界 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 0歳からの絵本 > くだもの
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集
くだもの
「くだもの」はリアリティのあるくだものが一杯
描かれている美しい絵本です。

言葉は少なく、絵でくだものの名前も覚えられるし、
切った時やお皿にのって「さあどうぞ」と出されたとき
そのくだものがどんな色や形になるのかもわかります。
丸い緑色に縞模様のスイカが出されたときには
赤い部分に黒い種があるとか。。。
赤いりんごは皮をむくと白いとか。。。
それが本当に食べたくなるようなリアルな挿絵で描かれているのです。

0歳から是非読ませたい絵本です。
長男も長女も赤ちゃんの時から大好きな本でした。

繰り返し繰り返しみせることでことばとくだものの姿が
つながります。




くだものくだもの
780円(税込)
福音館の幼児絵本 著者:平山和子出版社:福音館書店サイズ:絵本ページ数:23p発行年月:1983年11月この著者の新着メールを登録するぶどう、なし、りんごなど、日常子どもたちが食べるくだものを、まるで実物かと思わせるほど鮮やかに描いた、いわば果物の画集。この商品の関連ジャンルです。 ・本> 絵本・児童書・図鑑> 絵本> 絵本(日本)
さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト
編集
<<どうやってねるのかな | HOME:子供の絵本、良書の世界 | コッコさんとあめふり>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Sponserd Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。