ぶーぶーじどうしゃ 子供の絵本、良書の世界
TOP:子供の絵本、良書の世界 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 0歳からの絵本 > ぶーぶーじどうしゃ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集
ぶーぶーじどうしゃ
車好きの長男が最初に読んだ車の本です。
何度も何度も繰り返し読んで、ごみしゅうしゅうしゃ、
ロードローラーなどの名前をすっかり覚えました。

ある日のこと、バスの中から見える車に目を輝かせている
長男に、隣にすわった初老の女性が、「ほらぶーぶーがいっぱい見えるわね。」
と話しかけてきました。そのとき長男が「あ、ごみしゅうしゅうしゃだ」と言ったので
とてもびっくりされたのを覚えています。

うちでは子供に対して一切赤ちゃんことばで話しかけてこなかったので
「ぶーぶー」とは言っていなかったんですよね。

全部あれは「ガス会社緊急車だね。」とかあれは「高所作業車だね。」と
話していました。

この本の題名は「ぶーぶーじどうしゃ」ですが、
子供だから赤ちゃん言葉でっていうのはもったいないことだと
思いますよ♪




ぶーぶーじどうしゃぶーぶーじどうしゃ
599円(税込)
0.1.2.えほん 著者:山本忠敬出版社:福音館書店サイズ:絵本ページ数:1冊(頁発行年月:1998年04月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 絵本・児童書・図鑑> 絵本> 絵本(日本)
さらに詳しい情報はコチラ≫

[PR]楽天
スポンサーサイト
編集
<<ももたろう | HOME:子供の絵本、良書の世界 | にんじん>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Sponserd Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。