ぼくとママのたからもの 子供の絵本、良書の世界
TOP:子供の絵本、良書の世界 > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 4歳からの絵本 > ぼくとママのたからもの
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集
ぼくとママのたからもの
優しい絵とテーマがあっていて読み終わった後に
心が温かくなる本です。

長男はこの本が好きで、読み終わるとニッコリします。

男の子を持つお母さんにお子さんと一緒に読んで欲しい本ですね。

思い出の大切さ、子供の成長をみつめる母、
愛情が一杯の本です。

主人公の男の子は歯が生え変わる頃だから幼稚園の年長さんくらいなのかな。
うちの子供は4歳で読みましたが5歳以上でもいいと思います。


ぼくとママのたからものぼくとママのたからもの
1155円(税込)
こどものくに傑作絵本 著者:斉藤栄美/狩野富貴子出版社:金の星社サイズ:絵本ページ数:1冊(頁発行年月:1999年03月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)何を隠そう“捨て魔”の著者。一方、娘は“とっとく魔”。「捨てたら?」「とっとく」と繰り返される毎日から生まれたのが、このお話です。この商品の関連ジャンルです。 ・本> 絵本・児童書・図鑑> 絵本> 絵本(日本)
さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト
編集
<<どれにしようかな?~ぼくのいちばん~ | HOME:子供の絵本、良書の世界 | どれにしようかな?~わたしのいちばん~>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Sponserd Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。